Image HTML map generator
 
 





 

旧CECホームページは
こちらから
 


一般社団法人
日本教育情報化振興会
〒107-0052
東京都港区赤坂1-9-13
三会堂ビル8階
TEL 03-5575-5365
FAX 03-5575-5366
お問い合わせはこちら
地図はこちら
 
Top > 活動報告 
催事(イベント・セミナー)のご紹介
 
 
教育の情報化セミナー(JAPET交流会)

会員の会員よる会員のための勉強会です。
海外の研究者による講演や、海外における教育の情報化についての視察報告などで、会員の知見を高めます。
また、セミナー終了後に相互の交流を深めるために、懇親会を開催する場合があります。
 
教育情報化政策セミナー

国による教育の情報化政策などについて、政治家や研究者、文部科学省の担当者などから方向性や方針について勉強をする会です。また、来年度予算の重点施策について、各省庁から説明を受ける場合もあります。
 
海外教育工学市場実態調査

海外の先進事例を調査するための海外調査を、必要に応じて適宜実施しています。
調査を行う場合は、広く会員から参加者を募集します。 
 
公益財団法人JKA 競輪の補助事業のご紹介
 
 
委員会(プロジェクト・部会)のご紹介
 
 
▼ ICT教育利用研究開発委員会
学校におけるICT活用促進を目指して、会員が自主的にプロジェクト組織を立ち上げ、調査研究活動を推進しています。委員会の下に、目的に応じていくつかのプロジェクトが設置されます。

◆第1プロジェクト NEW
 教育コンテンツの形態と流通に関する調査研究プロジェクト
 (略称:コンテンツ流通検討プロジェクト)
 平成30年度もデジタル教科書やデジタル教材等の教育コンテンツの流通拡大に向けた活動を進めます。具体的には、平成29年度に文部科学省から受託した「学習要素リストの調査研究事業」にて開発した中2理科と小5算数の学習要素リストについて、学年・教科の拡充と学習要素リストを利用した実証試験の受託事業に参加し、その有効性と課題を洗い出します。

◆第2プロジェクトNEW
 
 ICTを活用した教育環境の未来を考えるための学校訪問プロジェクト
 (略称:学校訪問プロジェクト)

 学校や教育委員会を訪問し、授業見学や教職員とのディスカッションを通じて、教育現場でのICT環境整備および活用の状況を把握します。先進校・先進地域だけではなく、教育の情報化が進んでいない学校や地域も訪問し、「普段着の授業※」を見学するよう心がけます。
 また、学校でのICT活用のノウハウを収集し、現在のメンバー間での共有に留まらず、より広く公開していくことも検討します。
 ※公開授業などの「晴れ着の授業」に対して、普段通りの授業のことを「普段着の授業」と呼んでいます。
 
◆第3プロジェクト NEW
 普通教室のICT環境整備促進プロジェクト
 
文部科学省の「平成30年度以降の学校におけるICT環境の整備方針」のポイントにもとづき、教育の情報化がより一層進められようとしていますが、学校現場ではICTの導入・活用がなかなか進まない現実があります。
 一方、2020年度からスタートする新学習指導要領では、各教科での知識の習得に加えて、情報化社会を生き抜いていくための汎用的な資質・能力が必要であり、そのために「主体的、対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)」が求められています。
 このような学びを進めるに当たって、ICTの活用に対する期待が高まっていますが、「主体的、対話的で深い学び」にICTが有効であるということは自明のことではなく、具体的にICTがどう貢献できるのかを明らかにしてく必要があります。

 「 デジタル教科書と電子黒板の現状と標準化への提言 ~標準化分科会まとめ~ 」 (平成27年3月)

 
第4プロジェクト NEW
 若手の会
 次代を担う会員各社の若手メンバーが集まり、教育の情報化に関する国の施策及び方向性並びに業界動向等、さまざまな情報を共有し意見交換することで、個々の意識や知識を高めるとともに、業界内での横の繋がりを深め、ひいてはメンバー各位の業務に役立てることを目的として活動しています。
 平成29年度は、有識者を招聘した勉強会の開催を活動の主軸としつつ、学校の授業視察や先生へのヒアリング、国の動向についての情報共有や意見交換を行いました。
 平成30年度は、有識者勉強会の開催や国の動向の情報共有を中心に、参画されるメンバーの皆さまと協議して決めていきたいと思います。
 
▼ 教育の情報化調査委員会

国内外の教育の情報化の各種調査を継続的に行い、会員企業や国・地方自治体へその成果を提供することを目的としています。また、学校における教材や設備の実態を調査し、優れた教材や設備を開発するための研究を行っています。


国内調査部会NEW
 前年度に実施した第11回教育用コンピュータに関するアンケートの報告書をまとめ、発行します。今回は、先進地域と一般地域との比較など、これまでと異なる観点からの分析も行うため、前回よりページ数が増える見込です。また、今回は過去に例がなく多くの教育委員会が協力してくれたため、主だったところに報告書を送付することを検討しています。年度後半には、文部科学省の調査結果と照らし合わせて、次回のアンケート項目の検討を開始します。

第6回教育用コンピュータ等に関するアンケート調査報告書」(平成19年度)
第7回教育用コンピュータ等に関するアンケート調査報告書」(平成21年度)
第8回教育用コンピュータ等に関するアンケート調査報告書」(平成23年度)
第9回教育用コンピュータ等に関するアンケート調査報告書」(平成25年度)
「第10回教育用コンピュータ等に関するアンケート調査報告書(平成27年度

◆海外調査部会 NEW

 前年度は海外調査が実施できませんでしたが、平成30年度については上期(6月)にオーストラリア視察を実施します。視察の実施前には、参加者・関係者の事前研究を支援してより視察を有意義なものとするため、専門家による事前講演会を開く予定です。また実施後には会員交流会等の形で報告会を開くことも検討しています。
 

教育ICT課題対策部会 NEW

 教育の情報化の推進についての問題点・課題を洗い出し、その解決策を見いだすことを目的に、当会会員および教育関係者を対象とした公開討論会やグループディスカッションを開催します。部会独自の討論会のほか、教育の情報化推進フォーラムなど当会のイベントの場を利用した討論会を開催する予定です。討議結果は、部会内で分析して公開します。

◆教材・設備調査研究部会(活動休止)
「平成21年度予算措置調査集計結果」
「平成22年度予算措置調査集計結果」

◆外国語学習システム調査研究部会(活動休止) 
 

モバイル端末を活用した学習環境検討委員会(活動終了)
  「モバイル端末を活用した学習環境」 報告書
 「モバイル端末を活用した学習環境」 資料編

 
広報普及活動のご紹介
JAPET&CECでは、広報普及活動の一環としてこのホームページを作成するととともに、会員へ情報を提供するために下記のような活動を行っています。
 
会報の発行

会報には、教育の情報化に関する情報や提言、JAPET&CECの活動報告などを掲載しています。
年4回、原則として1月、4月、7月、10月に発行しています。
 
JAPETNET(メール・マガジン)

教育の情報化に関する最新の情報などを、メールで素早くお手元にお届けします。
※会員専用で、利用には登録が必要です。