トップページ>委託事業の紹介
 
JAPET&CECでは、文部科学省をはじめとする官公庁などからの委託を受けた事業を行っています。
これらの委託事業の今年度の状況や、これまでの研究報告などの成果をこちらのページでご紹介しています。
 
ICTに関する教員研修
 
 
 ▼eラーニングを活用したICT活用指導力育成のための教員研修
(平成18年度~20年度 文部科学省)
 教員のICT活用指導力を向上させるために、国内6地域においてeラーニング研修システムを構築して、これを利用した教員研修を実施し、有効性を確認することができました。研修を以下のサイトから体験することができます。
  →研修サイト

 事業報告書は「ダウンロード可能な資料」からダウンロードできます。
 
▼教員のICT活用指導力向上のための形成的な評価方法の開発と実用化
 
(平成19年度~21年度 文部科学省 教育情報化推進協議会にて実施)
 ICT活用指導力の規準表・基準表を作成し、教員に必要なICT活用指導力の全体像を示しました。また、これに基づいた研修を開発し、「教員のICT活用指導力向上研修テキスト」およびその研修指導者マニュアルを作成しました。
  →教員のICT活用指導力向上研修ホームページ

 事業報告書は「ダウンロード可能な資料」からダウンロードできます。
 
 ▼管理職のための戦略的ICT研修カリキュラムの開発
(平成19年度~21年度 文部科学省 日本教育工学協会にて実施)
 学校の管理職がリーダーシップを持って、学校全体でのICT活用を推進し、よりよい学校運営を実現するための研修を開発しました。各地で研修を実施するとともに、Webサイトから各種教材や研修方法を公開しています。
  →研修支援サイト
 
校務の情報化
 
 
▼学校評価の実施及び学校情報の収集・整理等におけるICTの活用方法等に係る調査研究
(平成21年度 文部科学省)
 国内5地域の先進実践事例を分析して、校務の情報化を具体的にどのように進めていけばよいのかを示しました。韓国の校務情報システムNEISについても詳しい調査を行いました。

 事業報告書は「ダウンロード可能な資料」からダウンロードできます。
 
▼校務情報化の現状と今後の在り方に関する調査研究
(平成18年度 文部科学省)
アンケートおよびヒアリングにより校務情報化の現状を調査するとともに、校務情報化のあるべき姿と中長期的なビジョンを示しました。英国および韓国の校務情報化の現状の調査も行いました。
  →成果公開サイト

 事業報告書は「ダウンロード可能な資料」からダウンロードできます。
 
情報モラル/著作権
 
 
▼学校における情報モラル等教育の推進事業
 (平成21年度 文部科学省)
 教育現場の教員は、学校教育において情報モラル教育を具体的にどのように進めたらよいのか困っていることが多いようです。これを改善するために、情報モラル教育専門員を地域(教育委員会等)に派遣し、教員や教育委員会の指導主事を直接支援することを実践しました。

 JAPETではこれまでも、情報モラルに関する委託事業を数多く実施しています。詳しくは以下をご覧ください。
  →情報モラル教育指導のためのポータルサイト
 
▼初等中等教育における著作権教育カリキュラム開発
(平成20年度~22年度 著作権情報センター)
 新しい学習指導要領に著作権教育の重要性が盛り込まれたこともあり、発達段階に応じて体系づけられた著作権教育のカリキュラムが求められています。本事業では、小学校、中学校、高等学校の各校種に対応した、著作権教育のカリキュラム開発を行いました。

 →小中高の先生が「著作権教育」に気軽に取り組めるWeb教材「5分でできる著作権教育」公開開始
 →「5分でできる著作権教育」Webサイト
 
▼学校における著作権教育アンケート調査
(平成16年度、平成22年度 著作権情報センター)
 学校における著作権教育の取組の実態、教員の意識等を把握するため「学校における著作権教育アンケート調査」を実施し、報告書としてまとめました。
 →「学校における著作権教育アンケート調査」報告書
 
こどもの安全・安心
 
 
▼系統的な"防犯学習教材"研究開発・実践プロジェクト
(平成19年度~23年度 (独)科学技術振興機構)
 「犯罪からの子どもの安全」に関わる活動は、学校・地域・警察も含め、様々な人々が実施しています。しかし、その活動が合理的、系統的に行われていないことが少なからずあるのが現状です。また、これらの活動の担い手が高齢者中心で、後継者を育成することが大きな課題となっています。
 本研究は、こうした背景の元、「系統的な"防犯学習教材"研究開発・実践プロジェクト」として、JAPETが東京大学、目白大学、園田学園女子大学と協働してきたもので、ICTを活用しつつ、社会教育・生涯教育の一環として、このジャンルでの人材育成システムの研究開発に取り組んできました。
  →JAPETが取組んできた「犯罪からの子どもの安全」の4年間の成果を公表
  →成果公開サイト「めざせ!防犯指導力アップ」
  →プロジェクトホームページ