先生必見!現場教員が解説!ICT活用事例満載の70分

この度、日本マイクロソフト主催で、学校の先生を対象としたICT 活用オンラインセミナー開催します。

◆開催概要

開催方法:オンライン開催日時:2021年10月22日(金)18:00~19:10
参 加 費:無料(事前申込制)
参加対象:学校の先生(高等学校、中学校、小学校、特別支援学校)、教育委員会、ICT支援員、教育関係者
主催:日本マイクロソフト株式会社

◇お申し込み / 詳細はこちらから https://aka.ms/japetcec1022

◆本セミナーのポイント

 GIGAスクール構想により学校での ICT 利活用が急務となり、現場の先生方からは多くのお悩みの声が寄せられています。
マイクロソフトが実践的な内容をお届けする当セミナーシリーズ。
 9 月に開催した初回セミナーでは 900 名を超える先生方にご視聴いただき、「学校現場での活用イメージがわいた」「Officeアプリをこのように校務活用できるとは知らなかった」など大変多くの反響をいただきました。
 今回の第 2 回セミナーでも、公立高校の先生の現場目線で、校内でICT利活用を広めるには?他校の先生との情報連携ってどうやるの?先生の負担を劇的改善する便利な校務教務支援アプリの作成方法とは?など、働き方や職場環境を進化させる現場の先生方の経験談や実践事例満載でお届けします。
セミナーへのご参加を心よりお待ちしております。

▼講演内容1

【タイトル】 教務改革事例 ~沖縄県立本部高等学校の取り組み ~
【講演者】 沖縄県立本部高等学校 津嘉山 翔 先生
【概要】 先生がアプリを作れる時代がやってきました。独学でプログラミングを学び、「こんなアプリがあればいいのに・・・」という希望をMicrosoft Power Apps を使って、難しいコードを書くことなく、簡単にアプリケーションを作ってしまった体験談を共有いただきます。また、健康管理、予約管理のアプリケーションを作成されたお話や、実際に作成されたアプリケーションのデモを交えて、このアプリを使った探究的課題の実践授業についても共有いただきます。

▼講演内容2

【タイトル】 教務と校務改革事例の取り組み
【講演者】 沖縄県立コザ高等学校 照屋 圭介 先生
【概要】 学校で自分だけしかOffice 製品を使っていなかった導入期からどうやって校内での活用を広めていったか、また、生徒自身がアプリケーションをつくって、それを教科間連携した授業で活用した事例について共有いただきます。コロナ禍でTeamsやStreamがどれだけインフラとして重要だったか、さらに情報共有のために他校の先生方と繋がる仕組みをどう起ち上げたかなどについてもお話しいただきます。

同じ目線で取り組まれている他の現場の先生方の貴重な経験談や事例に直接触れていただけるチャンスです。この機会をぜひお見逃しなく、奮ってご参加ください。