教育委員会向け情報
教育委員会向けメルマガ
 

公益財団法人JKA 競輪とオートーレースの補助事業

公益財団法人JKA 競輪

 

一般社団法人
日本教育情報化振興会
〒107-0052
東京都港区赤坂1-9-13
三会堂ビル8階
TEL 03-5575-5365
FAX 03-5575-5366
お問い合わせはこちら
地図はこちら
 
Top > JAPET&CECについて 
日本教育情報化振興会 会長からのメッセージ
 この度、伝統ある日本教育情報化振興会の会長に就任させていただきました。身に余る光栄であると同時に、その任の重さをひしひしと感じている次第です。昭和57年宮島龍興会長のもと教育工学振興会として発足して40年近く、教育工学的手法を用いた教育改善に取り組む団体として、常に我が国の教育の情報化を先導されてきた本会です。思えば、昭和57年は、私にとっても、教育工学研究のスタートでありました。国の政策で全国の大学の教員養成学部に次代の教育を担う教師のための教育工学関連センターが次々に設置された時代です。生物の持つ多様な機能を工学技術に応用しようと、人の脳機能の研究を行っていた私が、縁あって富山大学の教育実践研究指導センターで、コンピュータを人の学習や教育技術の改善に活かす研究へと第一歩を踏み出させていただきました。情報化社会に対応する初等中等教育へのコンピュータ利用に向けて、教育工学研究の黎明期でした。平成に入り、インターネットの普及とともに、教育の情報化は益々加速。確か2000年、IT基本法のもと、世界最先端のIT立国を目指し、高度情報通信ネットワークを整備し、国民全てがその恩恵を享受できるようにするというe-Japan戦略のもと、教育においてもすべての学校をインターネットに接続し、その活用で学習や教育の質的改善を図っていこうとするものでありました。それを支えるべく本会でも多くの調査研究が実施され、その一端を担わせていただきました。
 さて、時代は令和。情報化社会からSociety5.0の未来社会へと社会構造の変革が求められています。教育においても、GIGAスクール構想のもと、児童生徒一人一台タブレットや超高速ネットワークの整備が急加速され、国への政策提言や調査研究、次代を活きる子ども達のためICT活用の普及推進や情報活用能力の育成、教育環境整備のための教育産業の発展など、本会の果たす役割が益々重要になることと思います。
 未来の教育に志のある皆さんとともに、明日を担う子ども達のため、微力ですが努力させていただきたいと思います。どうかよろしくお願いいたします。

山西 潤一(やまにし じゅんいち)
日本教育情報化振興会会長

令和2年6月吉日

 
 
日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)のご紹介
 JAPET&CECの役員や会員をお知りになりたい方は、こちらをご覧ください。
  • 役員一覧  :会長から理事、参与まで、役員の一覧です
  • 会員一覧:JAPET&CECを構成する会員リストです
 
おもな活動
 右図にあるように、多くの委員会や部会などがあり、会員が中心になって活動しています。その内容は、大きく右の図のように分けることができます。

 詳しい活動内容などをお知りになりたい場合は、下記をご覧ください。(随時、新着情報などで活動をお知らせします)

 
入会のご案内
 JAPET&CECの活動にご賛同いただき入会をご検討の場合、会員の特典や入会手続きの詳細については「入会のご案内」をご覧ください。
 
関連団体のご紹介
 JAPET&CECと連係して活動している団体です。
日本教育工学協会は、学校教育にかかわる教員・研究者・企業が教育工学研究を通して、広くその成果を共有し、普及啓発活動をもとに、わが国の教育の向上に資するために組織化された団体です。
 
日本教育工学会では「教育工学は人文社会系と理工系並びに人間に関する学問分野を融合した学術的な学問ととらえており、教育工学は時代と共に変化してきておりますが、本会では情報化の進展、発展に地彼を入れている団体です。