教育委員会向け情報
教育委員会向けメルマガ
 

公益財団法人JKA 競輪とオートーレースの補助事業

公益財団法人JKA 競輪

 
旧コンピュータ教育推進センター
旧CECホームページ
 

一般社団法人
日本教育情報化振興会
〒107-0052
東京都港区赤坂1-9-13
三会堂ビル8階
TEL 03-5575-5365
FAX 03-5575-5366
お問い合わせはこちら
地図はこちら
 
Top > 活動報告> 情報活用能力育成事業 
情報活用能力育成の調査研究(コミュニケーション力育成)
 児童生徒の情報活用能力を育成するためには、どのような授業を展開していけばよいのか、先生方が子どもたちの「情報活用能力」を育成できるように、どのようなツールを整備すればよいのか、情報活用能力を高めるための先生の授業力を育成する調査研究を行います。

活動内容は、随時ご紹介します。
 

目的

 様々な情報活用能力に関する表や整理、そして自治体や研究会が作成しているものがありますが、現場の先生が情報活用能力を育成するための授業が行えるような、わかりやすいツールを整備していくを目的としている。
 基本となる学習指導要領の体系の整理・提案を行う。同時に、現場の先生方の情報活用能力調査を行い、実態を把握する。その結果を盛り込みながら、現場の先生が活用できる体系表、教科別能力表、パッケージ等を作成する。

 


 

委員会


「情報活用能力育成調査研究」委員会のメンバーは以下の通りです。

委員長   中川 一史 放送大学 教授
副委員長    小林 祐紀 茨城大学 准教授
 委員 佐藤 幸江 金沢星稜大学 非常勤講師
 委員 稲垣 忠 東北学院大学文学部 教授
 委員 前田 康裕 熊本大学大学院 教育学研究科 准教授
 委員 秋元 大輔 千葉県総合教育センター 所長
 委員 佐和 伸明 柏市立手賀東小学校 校長
 委員 岩崎 有朋 鳥取県岩美町立岩美中学校 教諭
 委員 山口 眞希 前小学校教諭
 
2019年度

 情報活用能力に関する表や整理が出ていますが、当事業では、基本となる体系の整理・提案を行います。
 情報活用能力の調査を行い、学校現場での実態を把握し、その結果を盛り込みながら、体系表、教科別能力表、
パッケージ等を作成基盤作りを行います。

 1.情報活用能力の調査
  新学習指導要領に基づく情報教育のあり方を模索する中で、情報活用能力育成調査研究委員会を立上げ、学校
 現場での実態を調査することにしました。
  当調査は、学校の情報化の進度や整備状況を捉えようとするものではなく、各教科の先生方がそれぞれの授業を
 すすめる中で、意識の有無に係わらず、情報活用能力育成についてどの程度の内容を実施しているかの現状を把握

 しようとするものです。


  (1)webページで回答する
    こちらから ご回答ください。

  (2)メール、またはFaxで回答用紙を送る
    下記のExcelシート「アンケート票(情報活用能力指導調査).xlsx」をダウンロードし、Excelシートに入力
    して回答いただくか、印刷したものに回答いただき、下記のメールアドレス、またはFaxにて送信くださ
    い。      

    アンケート票(情報活用能力指導調査).xlsx 

    

  (3)回答送付先 
    メールで送信:メールアドレス japetcec@gmail.com
    Faxで送信:fax番号:03-5575-5366

  ご協力ほど、宜しくお願いもうしあげます。

  ■お問い合わせ先

  情報活用能力アンケート事務局 

   メールでお問い合わせください。メールアドレス japetcec@gmail.com

 (4)アンケート調査結果
  調査まとめ中

 

2.情報活用能力育成をテーマとした模擬授業の実践

2019年度は、子どもたちの情報活用能力を育成するためには、どのような授業を行えばよいか、その調査研究をしました。
その成果を、当会主催の「第4回関西教育ICT展」のセミナーで模擬授業として行いました。
セミナーの内容をまとめたものを公開しました。

 1.小学校第五学年 国語 単元:すいせんします 
   授業者:山口眞希先生(放送大学大学院・前金沢市立大徳小学校教員)
   コメンテーター:小林祐紀先生(茨城大学 准教授)
   
   内容:45分の模擬授業の概要がわかるように10分程度でまとめました。(ショートバーション)
   セミナー動画(youtube):https://youtu.be/Knr1arr-xxU

   授業指導案:小学校第五学年国語(すいせん)指導案.pdf

   ワークシード:すいせんしますワークシート.pdf

   内容:45分の模擬授業と茨城大学小林先生が模擬授業のポイントを解説した90分のものを、詳細が
      わかるように40分程度でまとめました。(ロングバージョン)
   セミナー動画(youtube):https://youtu.be/IiXGnoM6UF0

   授業指導案:小学校第五学年国語(すいせん)指導案.pdf

   ワークシード:すいせんしますワークシート.pdf
  

 2.中学校第三学年 理科 単元:太陽と恒星の動き~
   授業者:岩﨑有朋先生(鳥取県岩美町立岩美中学校)
   コメンテーター:佐藤幸江先生(金座星稜大学非常勤講師)

   内容:45分の模擬授業の概要がわかるように12分程度でまとめました。(ショートバーション)
   セミナー動画(youtube):https://youtu.be/_CATNYai1WI

   授業指導案:中学校第三学年理科「恒星の動き」指導案.pdf

   内容:45分の模擬授業と金沢星稜大学の佐藤先生が模擬授業のポイントを解説した90分のものを、詳細が
      わかるように60分程度でまとめました。
   セミナー動画(youtube):https://youtu.be/r7voRHtIVG0

   授業指導案:中学校第三学年理科「恒星の動き」指導案.pdf
 

3.情報活用能力体系整理

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。