ICT教育環境整備ハンドブック2024

内容

 学校教員、教育委員会、地方自治体の方を対象に、新学習指導要領の趣旨である主体的・対話的で深い学びの実現を支えるICTを、どのように整備を進め、教育に活用していくかをわかりやすく紹介している冊子です。毎年、全国の教育委員会に配布し、ICT教育環境整備計画策定や先生方の勉強会、教員研修時にお役立ていただいています。

目次

第1章 学びへのICT活用

  • GIGA スクール構想による環境整備
  • 1人1台のPC 活用とは
  • クラウド活用による自律的な学習
  • わかる授業のための教室環境(大型提示装置の利用)
  • デジタル教科書の動向と活用
  • 情報モラルとデジタル・シティズンシップ

 [事例1]春日井市立高森台中学校 クラウド環境を生かして自ら学ぶ生徒を育てる
 [事例2]大阪府箕面市 広がる学習での1 人1 台端末活用 教育ビッグデータを生かす取り組みも


第2章 次世代の校務DX

  • なぜ校務DX なのか
  • 次世代の校務DX で何が変わるのか
  • 次世代校務DX に向けた課題解決
  • 今後取り組むべき施策
  • 共同調達・共同利用にむけて

 [事例3]富山市立芝園小学校 授業でクラウドの良さを実感 校務の改善に利活用


第3章 情報セキュリティ

  • 学校で必要な「情報セキュリティ」とは?
  • 教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン


第4章 ICT環境整備・活用の現状

  • 1人1台端末の整備・活用状況


第5章 ICT環境整備のための予算確保

  • GIGA スクール構想推進への再スタート
  • ICT 環境整備のための予算獲得
  • ICT支援員の導入と活用
  • ネットワーク・アセスメントについて

第6章 環境整備に有利なレンタル/リース

  • レンタル/リース方式のメリットとは?
  • ECSレンタルについて

一般社団法人 日本教育情報化振興会 -当会の紹介-

価格

無料

サイズ

A4

ページ数

49ページ

重量

約135 g/冊

出版・発行元

一般社団法人 日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)

出版・発行日

2024年6月1日 発行

ダウンロード

・PDFファイル(閲覧用)※準備中
・PDFファイル(印刷用、見開き)※準備中
・PDFファイル(印刷用、ページ単位)※準備中