募集内容

教育現場でICTを活用し、先進的あるいはそのICT活用方法の普及が期待できる実践事例を募集します。

GIGAスクール構想によって実現したICT環境をどのように活用しているかなど、どしどしご応募ください。

応募対象者とその実践領域

応募対象者実践領域(例)
学校の教職員等(ICT支援員など外部職員を含む)GIGAスクール構想における授業実践およびカリキュラム開発、ICTを活用した効果的な授業、児童生徒の情報活用能力育成、ICT活用に関する校内教員研修、校務支援システムを活用した児童生徒指導、ICTを活用した保護者や地域への情報発信、学校運営・管理へのICT活用、ICTを活用した授業を行う教員に対する支援活動 など
教育委員会・教育センター等GIGAスクール構想に関わる教員研修、ICT活用指導力等についての教員研修、学校でのICT活用推進活動などの実践事例 など
保護者、地域のボランティア、大学、企業、NPO法人等学校の授業や行事に対するICTを活用した支援活動、地域未来塾などICTを活用して地域で子どもたちの教育を行う活動 など

※上記の通り、教育にICTを活用した実践であればどなたでもご応募できます。気軽に無理なく負担なく応募できるようにしていますので、ぜひ皆様の実践事例をご応募ください。

募集条件

■応募事例の中の著作権者や著作隣接権者などの許諾はクリアしていることが必要です。これらの許諾を得ずに複製された写真・画像・文字等を使用し、著作権侵害や著作隣接権侵害、また、肖像権の侵害などの問題が発生した場合は、主催者は一切責任を負いません。ICT活用実践事例集に掲載する原稿についても同様です。

■2021年4月から募集締め切りの2022年9月20日(火)までに実施した実践が対象です。2021年4月以前に終了している実践や、2022年9月20日(火)以降に実施する実践は対象外となります。

■過去に本コンテストまたは類似のコンテストの受賞歴がある事例は応募できません。また同時に他のコンテストに同一事例を応募することはご遠慮ください。

■受賞内定者は本コンテスト公式サイトに掲載されますが、受賞内定をもって営利目的に属する通知や広告などに利用することは認められません。このようなことが判明した場合には、受賞内定の取り消しもあります。

■応募にかかる費用は応募者の負担です。

■受賞者は2022年度教育の情報化推進フォーラムにて表彰し、その内容の発表を行っていただきます。また、ICT活用実践事例集への論文執筆も行っていただきます。

■事例の著作権は応募者にありますが、作品の使用権等は主催者の帰属とします。

募集期間

 2022年6月1日(水) ~ 9月20日(火)

 ※スムーズな審査のため、早めのご応募にご協力をお願いいたします。

応募方法

 応募用紙(表紙1枚、実践事例内容2枚)に実践事例の内容をご記入いただき、Word文書のままメールに添付し、応募してください。

「応募用紙」は必ずダウンロードしてご利用ください。応募用紙は、表紙(応募者情報)1枚と実践事例内容2枚の計3枚です。

必ず「記入要領」を一読頂き、応募用紙を記入するようにしてください。

【特に気をつけていただきたい事柄】
※毎年、応募用紙1ページ目の記入不備(間違い、漏れ等)が多数見つかっております。ご応募される前に、再度ご確認をお願いいたします。
※応募の際のタイトルは半角英数字・空白・記号を含めて40字以内を厳守してください。
※記入後の応募用紙のファイルサイズは5MB以下になるようにしてください。

「募集要領」のダウンロードが必要な方は、こちらからダウンロードできます。

ご参考

過去の応募事例を公開しています。書き方や図表の使い方など、事例記述の参考にしてください。

よくある質問をFAQとしてまとめていますので、ご利用ください。

審査での評価ポイント

先進性があるか(先進的・独創的・新奇性)または普及性があるか(工夫・波及性・汎用性)

☆ ICTを効果的に活用しているか(目的・場面・効果)

☆ 絆が深まったか(連携・協働・共感など)

応募用紙送付窓口

 ICT夢コンテスト事務局
 E-mail:Yume2022apply(アットマーク)japet.or.jp  ※(アットマーク)は@に読みかえてください。

入賞内定発表時期

 2022年11月下旬 当サイトにて(予定)

表彰(予定)

 文部科学大臣賞(学校/地域)、総務大臣賞、NHK賞、日本教育新聞社賞、日本教育情報化振興会賞、宮島龍興記念教育賞、地方再生・創生賞 他、優良賞
※副賞があります。

表彰式

 日時:2023年3月3日(金)
 場所 : 2022年度 教育の情報化推進フォーラム
    [国立オリンピック記念青少年総合センター(東京・代々木)]会場(予定)にて表彰式を行います。    

実践事例の発表および実践事例原稿の作成について(受賞者のみ)

 ・受賞された方には、2023年3月3日(金)~4日(土)に開催される「2022年度 教育の情報化推進フォーラム」内にて受賞事例の発表を行っていただきます。

 ・受賞された方には、受賞事例について「ICT活用実践事例集」に掲載するための原稿をあらためてご執筆いただきます。

お問い合わせ先

 一般社団法人 日本教育情報化振興会
 ICT夢コンテスト事務局
 E-mail:Yume2022apply(アットマーク)japet.or.jp  ※(アットマーク)は@に読みかえてください。
 TEL:03-5575-5365 FAX:03-5575-5366
 〒107-0052    東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル8F